「たいていのことは何とかなる」
と私は思っています。

勿論、人は全能ではないし、
私なんて出来ないことだらけです。

でも、自分に関わることであれば、
「たいていのことは何とかなる」
と思っています。

考え方はこうです。

自分がとうてい無理なことは、
そもそも私の前に現実的な課題と
しては姿を現さない。

現実的な課題(超えるべき壁)
として出てくるということは、
多くのケースで何とかなるという考えです。

例えば、
2020年はオリンピックイヤーですが、
私が選手として出ることはないでしょう。
いくら頑張っても、とうてい無理でしょう。

でも、これは私にとって、
私の前に現れた現実的な課題では
ないのです。

リアリティをもって、
自分の前に現れる課題は、
何らかの形で何とか出来る。

逆にそのようなものしか、リアルな
課題になりえないとも言えます。

そう考えれば、出てきた課題に
恐れることはありません。

仮に表面的に失敗することがあった
としても、その失敗もたいていは、
何らかの形・タイミングで何とかなります。

概念的な話なので、
異論・反論もあると思いますが、

そう考えた方が、前向きになれる上、
行動への躊躇が減りますし、
上手くいく機会も増えると思います。

あなたの前に現れる課題も、
たいてい何とかなります!
大丈夫です♪