ピンチで強くなる会社・弱る会社

おはようございます。

社長の経営力が3倍になる
右腕・リーダー育成で、

・最低30年続く会社
・社長が3か月不在でも大丈夫
・後ろ向き離職のない会社
・人時生産性が毎年伸びる会社
・社長も従業員も幸せな会社

の実現を支援する

感動経営コンサルタント
佐々木千博です。

右腕・リーダーを育て、
事業で成果を出すためのポイント

理念を核とした逞しい社風づくりと、
成果を導くマーケティング、
を中心にお伝えしています。

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー

★ピンチで強くなる会社・弱る会社

昨日、Yahooニュースで日経Doorsさんの
以下のような記事を目にしました。

▼ 記事 ▼
鳥貴族・大倉忠司社長 コロナ禍で会社が強くなった
Go To Eatで錬金術が話題も 「正しい経営を意識」

https://doors.nikkei.com/atcl/feature/19/122400097/012000003/

鳥貴族は、皆さんご存じの
リーズナブルな焼き鳥屋さん。

リーズナブルで、お酒も一緒に
愉しむ夜のビジネスということで、

コロナ禍で最も厳しい業態の一つ
といっても過言ではありません。

大倉社長は35年ほど前に10坪くらい
のお店から鳥貴族を始めた方です。

35年やってこられて、
初めて・前代未聞の危機だと
思いますが、それでも前向きです。

●危機で従業員も会社も強くなった。
 →プラス面に目を向ける

●アメーバ経営で店長が経営者目線に

●マーケティングの失敗
 →すぐに対応・プラスにとらえる

●危機の時こそ第二創業に着手
 →非アルコールの新業態
 →原点に戻る小型店舗業態
 →海外進出の検討

私がご支援している
感動経営は、働く人の潜在力を発揮し
第二創業の業態開発を通して
働き甲斐と業績を伸ばす経営です。

感動経営に取り組まれる
私のご縁ある企業様も、

足元の業績の如何に関わらず、
今ピンチだからこそ、むしろ

人を育てる・社風を育てる、
第二創業の業態開発を進める
といったことをされています。

「ピンチで強くなる会社」
の実践をしていきましょう。

私も微力ながら応援します。

ご相談などあれば、
お気軽にこのメールに返信ください。

 

 

 

 

 

前の記事

心の筋トレ