抱え込むから辛くなる

おはようございます。

右腕・リーダー育成で、
一人当たりの稼ぎ(人時生産性)
が毎年伸びる会社、

社長も従業員も幸せな会社
を実現を支援する

感動経営コンサルタント
佐々木千博です。

 

 

 

 

 

 

 

★抱え込むから辛くなる

私は社会人になって
もうすぐ丸20年になりますが

前職でも、今ご支援する企業様でも
仕事の中で不安や葛藤や、辛いことを
抱えておられる方にを多く見てきました。

人によって気質や状況は異なるのですが
どんどん悪くなってしまう人と
落ち込みきらず復調する人がいます。

その大きな分かれ目の一つが、
自分の状態や感情を口に出して
人に伝えることができるか否か
だと感じています。

例えば何かに挑戦する時に
大きな不安を感じで動けない人がいます。

不安というのは幽霊のようなもので
自分の中で閉じ込めている限りは
どんどん不安が膨らんでいきます。

逆に「今、私は不安です」ということを
上司や仲間に口にするだけでも
不安が減るということがあります。

事実を事実として認めて、
外に出すということが良いようです。

その不安を漠然としたものではなく
具体的なものにしていくことが
できると、さらに不安は減ります。

例えば

・この不安をもたらしている要因は何か?

・この不安が現実のものとなった
 時の最悪の状況はどういう状態か?

こういったことを具体的な言葉にすると
意外と大したことはない
ということが分かったりします。

伝えた相手が、不安の具体化を
手伝ってくれることもあります。

不安以外にも、緊張・恐怖・怒り
といった感情もあります。

これらも同じです。

もしあなたが何かの感情を
抱え込んでいるのであれば、
まず口に出すことをお勧めします。

もしあなたの周りに不安等で
動けなくなっている人がいるのであれば
その人の気持ちをぜひ聞いてあげてください。

その気持ちの原因であったり、
その気持ちがもたらすものについて
具体化する手伝いをしてあげてください。

仕事は頭と手だけで行うのではありません。

心や気持ちが伴わないと、
幸せな仕事、
より質の高い仕事はできません。

マイナスの気持ちは
抱え込まない。抱え込ませない。

そんな働き方・職場にしていきましょう。